こんにちは、ゴルフスコア100切りを目指している初心者ゴルファーの皆さん!

この記事ではプロが教えるレッスン動画を見て正しいスイングを同じアマチュア目線で分かりやすく、アイアン練習のコツを紹介します。

初心者ゴルファーにとって正しいスイングを学び、そのイメージを持ってスイングすることは非常に大事です。

今回は、三觜喜一(みつはしよしかず)プロの動画レッスン【フェースを閉じるタイミングはいつ?】を参考にして

8番アイアンのスイング練習をしました。

今回学んだ正しいスイングができるようになるとスライスが改善され、ショットが安定して、ゴルフ100切りのスコアアップに繋がります。

 

ゴルフ初心者向けレッスン動画の実践

練習場でのアイアンスイング練習

自然体で構える

りょうりょう

自然体でスタンスを取る

Y字をキープしてテークバック

りょうりょう

左腕と右腕のY字をキープしてテークバック始動

りょうりょう

左の甲が折れないように注意

りょうりょう

フェース面が開かないようにする

りょうりょう

トップの位置でインパクトの形をつくる

りょうりょう

切り返しで伸び上がったり、体が起きたりしないように!

りょうりょう

ダウンスイングでクラブを寝かしてインサイドからアウトの軌道にしたい

 

ももこももこ

インパクトで体が少し起き上がってますね!

りょうりょう

まあまあのアイアンショットかな?

スイング改善練習のポイント

  • 左腕と右腕のY字をキープしたまま、テイクバックを始動する。

左腕だけでテイクバックを始動してしまうとクラブがインサイドに入り過ぎて

結果的にクラブフェース面が開いてしまう。

  • 左手の甲が折れないようにテークバックし、トップオブスイングまでキープする。

これがなかなか難しい。

  • 切り返しからインパクトまで体の角度を維持する。

伸び上がったり、体が起きてしまったりしないようにする。

ダウンスイングで体が起き上がってしまうと打ち込むことができず、

すくい上げの弱いスイングになってしまう。

 

実際に8番アイアンでスイング練習した動画

 

まとめ

ほとんどのゴルフ初心者は、トップ、ダフリ、スライス、フックと安定しないスイングで悩んでいます。

安定したスイングを得るためには、スイングの基礎をしっかりと理解して、そのポイントを繰り返し練習して、確認していくことです。

この記事で紹介したスイングのポイントを繰り返し練習して、安定したゴルフでスコア100切りを目指しましょう。

正しいゴルフスイングをマスターするにはゴルフレッスンがおススメです。

 

 

スコア100切りへの早道

スコアで100切りできるとコンペで良い成績を得るチャンスがグーンと上がります。

コンペの賞金を家に持って帰って奥さんや子供に自慢するのが最高の瞬間ですね。

毎回、コンペの後でこれを味わいたいです。

そのためには、正しいスイングをゴルフ練習場で指導してもらうことです。

スコア100切りできない人の共通点は、正しいスイングを知らずにひたすら練習場でボールを打ち続けていることです。

これでは、ますます悪い癖がついてしまいます。

自分のスイングの癖を正確に分析して、正しく指導を受けて練習するのが100切りの早道ですね。

個人差はありますが、スコアが110台の人であれば、正しい指導を受けると2~3ヶ月で100切りできます。

だんだん上手くなると面白くなってきて、どんどん成長していけるわくわく感が味わえます。

ひとたびスコア100切りの壁を突破すると、不思議と自信がついて、その後も100切りが容易にできるようになります。

アマチュアゴルファーの2割しか達成できないスコア100切りで、何とも言えない優越感も味わうことができます。

さらには後輩や同伴競技者にもアドバイスしてみたりする余裕も出て、生涯わくわく楽しいゴルフライフを送ることができます。